PROFILE

主宰/SHINO

絶望的な運動音痴を心配した母に「バトントワーリングやってみたら?」と言われ、中学部活からバトンを始める。バトンの魅力と中二病が見事にマッチングし、振付構成の世界にのめり込んでしまう。

関商工バトントワリング部卒。二児(ツインズ)出産後の2003年にScoll and Hati Baton Clubを創設。気付けばバトントワーリング指導歴20年超え…


・AB型の牡羊座のオタク

・乳がんステージⅢa克服

・栗きんとん、焼き芋、クッキー大好き

・最近マキシマムザホルモンにはまっている

・特技はタロット占い

クラブ創設のきっかけは中学部活の生徒たち

母校でもある中学バトントワリング部。ツインズを妊娠していた頃、当時の3年生の生徒たちから「卒業してもバトンを続けたいのでクラブチーム創ってください!」と言われたのがキッカケ。

略して「すこっぱち」

本屋の店長さんに「領収書、名前長いからすこっぱちにしてもいい?」と冗談で言われたのがきっかけで、徐々に広まりつつある略称。